Skip to content
dRofus 2022/04/20 5:05:11

AEC/O業界向けのBIMデータツール

dRofus-is-made-for-you_

オスロフィヨルドと、ランゲイナ島(Langøyene)、ホヴェドヤ島 (Hovedøya)、グレスホルメン島 (Gressholmen) の島々を見下ろす急な上り坂は、Ekebergparken (エーケベルグ) があります。オスロにある多くの緑の肺の1つであり、風変わりな慈善家でありアートコレクターである Christian Ringnes (クリスチャン・リングネス) によって作成された彫像公園の本拠地です。

この地域は Edvard Munch‘ (エドヴァルド・ムンク) の有名な絵画 "The Scream (叫び)" の生誕地としても知られています。1893年当時、その景色は目を見張るものでした。ムンクが "叫び" のインスピレーションを得たのは、夕暮れ時に散歩をしていて "巨大で無限の自然の叫びを聞いた" ときだと言われています。ムンクはこの時、強烈なインスピレーションを受け、見事な作品を作り上げたのです。 

2022年には、同様に畏敬の念を抱かせる景色を見ることができます.... しかし、別の意味で。

丘の上から見下ろすと、新しくオープンしたばかりの待望の デイクマン・ライブラリー (Deichman Library) が目に飛び込んできます。デイクマンの手前にあるのが、オスロ・オペラハウスです。2008年にオープンしたオペラハウスは、オスロの文化シーンに欠かせない存在となっています。オペラハウスの真後ろにある新しい ムンク美術館 (Munch Museum) ノルウェーで最も尊敬されている芸術家の地で、偶然にも100年以上前に彼がインスピレーションを受けたのと同じ風景の中にあります。さらに港のほうへ足を伸ばすと、ノルウェー最大の芸術、建築、デザインのコレクションの本拠地となる新しい 国立美術館 があります。これらはすべて、互いにどのような関係がありますか?これらの建物を結びつける、隠された要素、秘密のソースがあるのです。それは、表層にあるものです。

データと習得

大規模な建築プロジェクトには膨大な量のデータが含まれており、データこそがdRofusのチームが情熱を注いでいるものなのです。特にAEC/Oのデータ管理、そしてチームがコラボレーションして素晴らしいものを作り上げることを可能にする方法です。すべての利害関係者のためのBIMデータツール, として、AEC/O業界がよりスマートにスマートに作業できるように支援しています。
本来、私たちはあなたのためにdRofusを作りました!

AEC / O業界での役割が何であれdRofusにはニーズに合わせて特別に作成された機能があります。

dRofusがどのように作られているかは、以下のリンクからご確認ください。

 

AEC/O業界で21年以上の経験を持つdRofusは、現在18言語39カ国で展開され、2万人以上のユーザーに利用されています。当社のソフトウェア開発チームはオスロ本社に拠点を置き、アジア太平洋、ヨーロッパ、および北米に部門があります。

私たちは、謙虚な始まりから長い道のりを歩んできました。dRofusソフトウェアの最初のバージョンは、1970年に設立されたノルウェーの主要な病院・設備計画コンサルタント会社Nosyko ASによって開発されました。dRofusソフトウェア会社は2011年にノルウェーで設立され、2017年にNemetschekグループ の一員に加わりました。

最近、ソフトウェアの外観を最新化し、dRofusロゴ、Webサイト、ラーニングアカデミー、
カスタマーサポートポータルを更新しました。

 

プロジェクトを次の段階に進める準備はできていますか?

デモのご予約はこちらから

デモのご予約

 

 

 

 

 

 

COMMENTS