Skip to content
dRofus 2022/03/07 9:35:00

dRofus - A Better Way (優れた方法)

HubSpot Video

BIMソフトのプロモーションの多くは、ソフトとその機能に焦点を当てています。dRofus - A Better Way(より良い方法)ビデオでは、新しいアプローチを試みました。プロジェクト会議では、ソフトウェアをコンピュータの画面上からではなく、人々に与える効果から見ることができます。

さまざまな場所、さまざまなバージョン、さまざまな形式のデータによって引き起こされる混乱が、会議を中断させ、関係者に影響を与える可能性があることをリアルタイムで確認できます。 これを見て、発生する可能性のあるいくつかの落とし穴を認識し、dRofusがどれほど迅速かつ効果的に事態を好転させることができるかをご理解いただければと思います。

data-driven-approach-03-1

BIMへのデータ中心型アプローチ

すべての利害関係者は、設計ツールを使用せずにデータを効率的に作成および管理でき、モデルを充実させ、プロジェクトおよび運用段階でデータを簡単に維持できます。 これにより、建物のライフサイクル全体で、分野を超えたシームレスなデータ集約とコラボレーションが実現します

利害関係者のコラボレーション

dRofusは、異種データの統合を可能にするクラウドベースのソフトウェアであり、同じプラットフォーム上ですべてのプロジェクト関係者がアクセスできるプロジェクト情報、洞察、インテリジェンスに変換します。

信頼できる唯一の情報源 各分野のモデルデータは、計画データ、非幾何データ、ドキュメントとともに、dRofusデスクトップクライアントとdRofus Webを介して、すべてのプロジェクト関係者がアクセスできる一元化されたデータベースに取り込まれます。

BIM担当者、プロジェクトマネージャー、エンジニア、クライアント、建築家の方で、
dRofusについてもっと知りたい、また、”過去” の混乱を避けたい場合は、ぜひお問合せ下さい。
折り返し、弊社チーム担当者よりご連絡させていただきます。

dRofusにお問い合わせ

 

コメント欄